デミオ

マツダの救世主

1990年代の半ばに、マツダ自動車は経営の危機を迎えていました。というのもそのころ、いろいろなチャンネルから自動車を売り出す方針であったのですが、これが大失敗してしまったのです。それを何とか脱出するために、限られた予算の中で新しいものを作り出すことに決めました。

しかし、満足に開発費も出せないような状況であるために、安く上げることがなによりも最優先事項でした。当時ミニバンが流行していたために、それに乗る形で既存のコンポーネントを利用し誕生したのです。この頃同ジャンルで問題とされていた、立体駐車場に入れない車高を解消するべく、ギリギリ収まるサイズとしました。またそれでいて、出来る限り広い室内スペースを生み出すことに成功しています。そういった実用性の高さが好評を博し、デミオの売上で倒産を免れたのでした。その功績から「マツダの救世主」と呼ばれるようになりました。

SPORT

自動車の中には走り志向なものや、クルマ好きのユーザーに向けたものがラインナップに組み込まれていることが当たり前のようになっています。それはマツダのデミオにおいても変わりはありません。もともとこのクラスのコンパクトカーは取りまわしが良いために、サーキットやワインディングなどで軽快な走りが期待できるのです。その為、チューニングベース車両として多くのスポーティモデルが開発される傾向にあります。

2代目から登場した「SPORT(スポルト)」がそれに当たります。初代にも1500ccのエンジンが搭載されたり、エアロパーツが装着された1300ccはありましたが、このように走りに傾いた名前が付けられたのは初めてです。ノーマルとの違いは、サスペンションが硬めにセッティングされていたり、軽量なアルミホイールや専用のタイヤなどが装備されているところにあります。

カー・オブ・ザ・イヤー

ミニバンブームの真っ只中に、あの大ヒットを記録したマツダのデミオはRJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。日本でも特別賞が与えられました。この頃の同ジャンルが抱えていた問題に、立体駐車場に入ることが出来ないというものがありました。車高が高すぎて、頭を擦ってしまうからです。その点に目をつけて、サイズをギリギリIN出来るように調整して設計されたのです。

それからデザインに関しても、「道具」であるというコンセプトから逸脱しない、無骨な角ばったもので勝負を仕掛けました。その結果、使い勝手や取り回しの良さなどがユーザーから支持され、爆発的なヒットを飛ばしたのです。ジャーナリストたちにも好評であり、冒頭の功績に繋がったのです。また、当時経営危機であったのを立て直したことから、「マツダの救世主」というたいそうなあだ名までついています。

 

サイトマップ