相続のスケジュール

niji-300相続は該当者が亡くなった人の財産を取得することです。
簡単にいえばこうですが実際にその進行スケジュールが
どのようになっているか分からないという方もいると思われます。

 

まずは当然通夜から始まり、葬儀、納骨といった亡くなった人への儀式を行います。
そしてここからが本番であり、そのための多くの手続きをこなさなくてはいけません。

 

まずは死亡届の提出を1週間以内に行わなくてはいけません。
これは法定期間とされており、
もししなかった場合には様々な不都合が出ることになります。

 

次は遺言書があるかどうか、
もう財産を取得する人が決まっているかどうかの確認を一ヶ月以内にします。
そして遺産の調査も一ヶ月半以内に行います。

 

そして特に重要なのが放棄と限定の承認と亡くなった人の所得税納税であり、
前者は三ヶ月、後者は四ヶ月とされており、どちらも法定期間と定められています。
後は財産の評価を約二ヶ月程度で行い、
それが終わったら財産目録の作成をする必要があります。
遺言書の有無も一ヶ月過ぎた後にあった場合にはその検認をする必要が出てきます。

 

そして遺産分割協議が七ヶ月と最も長い期間かかり、
その期間が過ぎたら分割協議書の作成から変更手続き、
申請書作成と事務的な処理をしていきます。

 

物によっては多くの時間が必要となるので
出来るだけスケジュールに余裕を持って行動しましょう。

 

 
浮気 親権