法人向け生命保険の重要度について

法人向け生命保険の重要度

法人向け生命保険の重要度について


個人で生命保険に加入することが自分の今後に大きく関わることと同然に、法人向け生命保険に加入することは企業にとって、とても重要なことです。なぜなら、役員退職金準備のためや、従業員福利厚生、また事業継承問題や経営リスクの備えとして加入することは、もちろん大事ですし、これらを実施することで、節税にもつながります。

 
しかしながら、企業の日々背負うリスクは多様化しており、法人税法などをしっかり理解した上で、加入する保険を考えなければなりません。例えば、個人で保険会社をきめる時は、高い買い物をするように、しっかりと自分の現状と照らし合わせてニーズにあった保険を吟味することをします。しかし、上記したように企業の抱えるリスクの多様化により、企業が自分の会社にあった保険会社を見つけることは困難となっているのが現状です。なぜなら、保障内容や支払い条件が難解であることで、他の保険会社と比較することに遠慮がちになってしまうことや、景気変動や税制の改正などの外的要因と、会社の業績や社員数の増減などの内的要因の変化により、今現在のニーズにあった保険会社を見つけることができても、行く末はまったく見えてこないからです。よって、企業は、加入中の保険に関しても定期的にしっかりと見直すべきです。