四十九日法要

仏教では、死者の霊はこの世とあの世を彷徨っているといわれています。
この間は死者は死から新しい生を受ける為に準備をしています。
遺族が、亡くなられた人を、
無時に極楽に行けるようお祈りをしてあげる必要があります。

 

この間のお祈りする期間を忌中といいます。
亡くなられた日を基準として7日毎に、初7日(しょなのか)
・二七日(ふたなのか)・三七日(みなのか)とお祈りし、
最後が忌明けの四十九日です。

 

四十九日は忌明けといい、
閻魔さまから極楽に行けるかどうかの裁きを受ける日です。hasu

 

丁度、遺族にとりましても悲しみも癒され、
亡くなった人の死と向き合うことが出来ます。

 

初七日が、葬儀当日にすまされることが多くなりましたが、
四十九日は流石に省略されず盛大にされることが多いようで、
この忌明けの事を四十九日法要とよんでいます。

 

盛大に行われるといいましても、お葬式と違い
参列者は親族や親しい人に限られ場合が多いようです。

 

服装につきましては、喪服が基本です。
当日は僧侶にお経を上げてもらい仏壇の前で供養をし、
その後にお墓に行き、供養をしますが、
都会においてはお寺で供養をするという形になり、地域差があります。
供養の後の食事のことをお斎といいますが、お斎を頂きながら故人の思い出を語ります。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。