相続の放棄と限定承認

相続とは亡くなった方の財産を、引き継ぐことです。

一切の財産を引き継ぐことになれば、借金ばかり引き継ぐことになり、
相続をした者には大変な負担となります。

 

そこで民法は相続をした者に対して、財産を引き継ぐのか、
相続を放棄するかの自由を認めています。
財産の引き継ぎの方法は3種類に分かれます。
プラスの財産もマイナスの財産も一切を含めて
引き継ぐことを単純承認といいます。
マイナスの財産が多くて、相続をしないという事を相続放棄といいます。
プラスの財産の範囲内を引き継ぐことを限定承認といいます。

 

相続は相続を知った日から、(被相続人が死亡した日)3か月以内にしなければ、
相続を放棄するか、限定承認の意思表示をしなければ、
マイナスの財産も引き継ぐ単純承認をしたことになりますので注意が必要です。

 

遺産分けで、財産を何もいらないという事は
厳密な意味での相続の放棄ではありません、今尚相続人なのです。
家庭裁判所に申し立てをすることにより、
意思表示をしたことになり、効力が生じるのです。
相続を放棄する前に、財産を処分したり、
財産を隠匿をしたりした場合は、
相続人が単純承認したものとみなされますので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。