亡くなってからしておくべきこと

家族が亡くなるというのは悲しいことですが、
遺産と相続のことを考えると悲しんでばかりではいられません。
当人が亡くなった後には様々な相続の手続きをしなくてはいけなくなります。

 

その際に一番最初にすることが死亡届の提出です。
この書類は他の相続手続きと比べると定められた期間が短く、
7日、ようするに1週間以内に提出をしなければいけません。

 

ただし提出の際にはこれだけでなく、診断書も必要となるので、
病院で作成してもらいましょう。
何よりこれらは生命保険等を受け取る際にも必要になるからです。

 

後は届出人の印鑑、ちなみにこの書類の届出人は親族や同居していた人、
その土地の地主や管理人がする必要があります。
親族になるのが一般的ですが特殊なケースになる可能性もあるので、
該当者を調べておくとよいでしょう。

 

そして国民健康保険被保険者証、国民年金手帳、
介護保険被保険者証とこの辺りは加入と受給している方は
用意しておく必要があります。

 

書類を届出するのはその亡くなった方の本籍か亡くなった場所、
届出をする方の所在地に位置する役場へとする必要があります。

 

7日とありますが、この手続きが完了しないと
埋葬及び火葬をする許可が出ないので、
どちらにせよ早めの提出をする必要があるでしょう。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。