香典返し

頂いたお香典に対してお返しをすることを、「香典返し」と呼び、
忌明け、つまり四十九日を終えてから、
故人を無事に送ることができたお礼をします。

 

現在では、四十九日法要後に郵送する場合や、
葬儀の当日、会葬お礼の品と一緒に贈り、
持ち帰ってもらう場合があるようです。

 

地域によっても習慣に違いがあるため、周辺地域の習慣に詳しい親戚や、
葬儀会社に相談をしてみましょう。

 

もともとは喪主が各家に直接持参し、挨拶ともに送るものでしたが、
現在では時間的な制限もあり難しいので、
品物に「挨拶状」を添えて送ることで
感謝の気持ちを示すことが一般的になっています。

 

実際に贈るものは、一律の品物であることや、
香典の額に応じて変えることもあります。

 

品物は、食費や消耗品、茶や茶菓子、タオルやせっけんなど多岐にわたり、
いわゆるギフト商品などが多いようですね。
香典の額に応じて変える場合は、
頂いた香典の3割から5割のものを選ぶと良いでしょう。

 

最近では、葬儀の当日に一律の品物を
送ることがほとんどになった地域もあるため、
高額の香典を頂いた場合には、
その差額分程度でお礼の品を用意するのがマナーです。

 

また、挨拶状には、故人の戒名とともに、
「感謝の気持ち」「法要が無事に終わったことの報告」
「本来は直接挨拶に行くべきであったのに略式で済ませることへのお詫び」
などを書きます。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。