遺産分割協議書の作成

相続が開始すると、相続財産は各相続人の相続分に従って
相続人全員に承継されます。

 

この相続財産の最終的な配分を行うのが遺産分割協議という手続きになります。
この協議は、例えば、亡くなった父名義の財産に関して
「母は自宅の土地と建物、長男は○○銀行△△支店の普通預金口座□□□の預金全て、
長女は□□株式会社の株式100株」というように、
亡くなった人の具体的な財産を各相続人に振り分ける作業です。

 

但し、この協議に関する大事な注意点がいくつかあります。
まず最初に、「相続人全員で協議しなければならない」ということで、
ある相続人を除いて協議することはできません。
次に、「法的相続分どおりに相続財産を分けなくてもよい」ということであり、
例えば「母と嫁にいった長女は何も相続しない、長男が全てを相続する」
という内容でも全く構いません。
そして、この協議書には相続人全員の署名と実印の押印をした上、
相続人全員の印鑑証明書原本を添付します。

 

このような形をとらないと、遺産分割を原因とする預貯金の解約手続きや
不動産登記手続きができないことになります。
また、相続人全員で協議の上「口約束」で済ませてしまうこともありますが、
やはり口約束はトラブルになりやすいので、
しっかりした協議書を作成するべきです。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。