相続税の申告と納付

相続でもらえる財産とはその全てがもらえるというわけではなく、
その際に相続税という税額が発生します。
もちろん税額であるので納税する義務が発生するわけですが、
基本的に相続人で日本に住所がある人が対象となります。

 

ではこの申告と納付はどうすればよいのかというと、
被相続人が死亡した時の住所を管轄する税務署に
申告書を提出して納税することになります。

 

ここで肝心なのが被相続人の死亡した時の住所であり
相続人の住所ではありませんので
ここは間違えないように気をつける必要があります。

 

関係する書類は幾つかありますが、全て書く必要はほとんどありません、
なので自分達が書くのに必要な書類だけはしっかりと用意しましょう。

 

ちなみに期限は相続開始の翌日から10ヶ月以内となっています。
比較的長いと感じるかもしれませんが、
それでも相続自体に様々な手続きが必要なので
気づけば時間がないということもあるので早めに準備しましょう。

 

尚、相続時清算課税の適応を受けている場合に
その財産額が基礎控除以下ならこれらの手続きをする必要はありません。
ただ特例の控除によるものは申告して初めて適応されるということもあるので、
結果的に税を納付する必要がなくても申告はする必要があります。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。