葬儀

相続では控除できる費用について把握しておくことが必要となります。
少しでも控除すれば、それだけ納めるべき税金の金額を
安くすることができますから、
色々なものを控除の対象としておく必要はあるでしょう。

 

葬儀の費用についても控除の対象となるものがあります。
病院でなくなった場合には亡骸を運搬することが必要になる場合がありますが、
これも控除の対象となります。
創作をしなければならなかった場合には
捜索にかかる費用も控除の対象となります。

 

告別式の当日だけではなくて、
御霊遷しやお通夜を行うために必要な費用も控除の対象となります。

 

これらを控除の対象とする手続きのためには領収書が必要となりますから、
なくさないように保存しておきましょう。

 

もしも領収書を受け取るのを忘れた場合には再発行してもらう事はできます。
税務処理を行う前に取り寄せておくことが必要となってきます。

 

控除の対象とならないものもありますから、
違いについて把握しておかなければなりません。

 

香典返しのためにかかる費用は控除の対象とはなりません。
また、墓地に関する費用も控除の対象とはなりません。
これらは対象とならないと言うことについては把握しておく必要があります。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。