税務調査

財産が相続された際には相続税が発生します。
そうなれば当然相続税の申告をして納付する必要が出てきます。
そしてそうして相続税の申告が行われた後に税務署によって
税務調査というものが行われます。

 

これはいわゆる申告漏れがないかのチェックのようなもので、
相続税が発生した全ての相続人にされるわけではありませんが、
基本的にはその相続した財産の額が多くなればなるほどされる可能性は高くなり、
3億以上の場合には確実にあると思ってもいいでしょう。

 

その流れとしてまずは税務署から連絡が来ます。
この際にもし税理士に申告依頼をしていた場合には
税理士に連絡をする必要があります。

 

そして調査の日程が決まり、自宅で調査が実施されます。
この際にかかる日数は1日2日程度ではありますが、
もし調査がし切れない場合には税務署に持ち帰って調査をすることもあります。

 

そしてその後は税務署内で検討がされて、調査が終わります。
特に問題がなければこのまま終了しますが、
あった場合にはそれに応じて申告の修正や納税の追加を求められます。

 

ちなみにこの調査を行われた大多数はその修正と追加を受けています、
なのでこれがあった場合にはある程度の
そうした事柄を要求されることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。